肌の悩みを解決したい女性のためのサイト
肌の悩みを解決したい女性のためのサイト > 美容女子に人気!マツエクよりまつげ育毛剤のルミガン

美容女子に人気!マツエクよりまつげ育毛剤のルミガン

美容に敏感な女性の間ではつけまつげやマツエクではなく、まつげ育毛剤を使い自まつげと太く・長くするケアが人気となっています。
特に「ルミガン」というまつげ育毛剤が人気です。
ルミガンは元々、緑内障の患者に処方していた点眼薬でした。
この点眼薬で治療を行っていた患者さんの間で「まつげが太くなった」が伸びた・濃くなった」といった副作用の報告がされるようになり、今ではこの副作用を逆手にとってまつげ育毛剤としても処方しています。

なぜ、点眼薬でまつげが伸びたり・濃くなったりするのかというと、含まれている「ビマトプロスト」という成分に秘密が隠されています。
ビマトプロストにまつげの成長期を長くするという効果がある成分です。
人の身体に生える体毛には全て毛周期というサイクルが備わっています。
体毛が自然と生えたり抜けたりするのも、毛周期によるものです。
毛周期には体毛が太く成長する成長期・成長がストップする退行期・完全に毛根の機能が停止する休止期の3つに分けられます。

成長期の期間が伸びれば伸びるほど、体毛は太く長く成長していきます。
ビマトプロストには成長期を長くする効果があるので、まつげの成長が続き結果長く成長していくという仕組みです。
また毛包という組織を刺激する作用によって、まつげを太くする効果も発揮します。
ルミガンで育毛ケアすると、黒々とした濃いまつげへと変わっていきますが、これもビマトプロストによる作用です。

ビマトプロストはまつげの濃さを決める、メラニン色素の生成量を増やします。
メラニン色素が増える事によって、濃いまつ毛へと変わるようです。
まつげが切れるなどのダメージがある方も、ルミガンでケアを行えば丈夫で太いまつげへと変身します。
1日1回、まつげの根本にルミガンを塗布するだけなので簡単です。ルミガン1本あれば1ヶ月から2ヶ月程度、毎日ケアする事ができます。
マツエクなどと比較しても、費用はあまり負担とならないでしょう。

マツエクやつけまつげは自まつげに負担がかかる

目元の印象をアップできるとマツエクやつけまつげは人気です。
ですが、これらの美容法は自まつげには、大きな負担となってしまいます。
マツエクの場合、人工毛をグル―という専用の接着剤を使い、1本1本つけていかなければいけません。
このグル―で自分のまつげが傷んでしまうケースもあります。

また重い人工毛やつけまつげを支えるというのも、大きな負担となってしまうようです。
マツエクは約61kgのものを1cm持ち上げる仕事量に相当する負担が、つけまつげともなると、まぶたを持ち上げる負担は約95㎏の人を1cm持ち上げるまでに相当します。
マツエク・つけまつげは両方、これだけの負担をかけてしまいます。
このような負担の他に、まつげが切れるというトラブルも起こりがちです。

また、つけまつげはメイクを落とす際に、一緒に外すのが一般的です。
つけまつげを外す時、一緒に自分のまつげが抜けてしまうケースも少なくありません。
このようにマツエクやつけまつげは、自まつげが減ってしまう・細くなるといったトラブルを起こしやすい美容法です。
マツエク・つけまつげに頼るのではなく、自まつげを育てる美容法へとシフトチェンジしてみましょう。

自まつげの育毛としておすすめなのが、ルミガンというまつげ育毛剤です。
ルミガンは海外の機関で効果・効能が認められた医薬品でもあります。
ビマトプロストという有効成分の働きによって、マツエクやつけまつげ級の自まつげへと育てることが可能です。
医薬品ですので病院で処方してもらいましょう。

国内の病院でルミガンを処方してもらった時の平均費用は、安い場合は約5000円程度、高いところだと約1万5000円程度となっています。

美容女子に人気!マツエクよりまつげ育毛剤のルミガンを読まれたあなたにオススメの記事